住宅ローンの保証とは

結婚して家族が増えてくると、マイホーム購入を考える方も多くなりますが、そこで考えなくてはならないのが「住宅ローン」。
住宅ローンを考えた時に必ず出てくるのが担保や連帯保証人で、金融機関が貸したお金をきちんと回収できるように、借主には担保や連帯保証人が求められます。


ですが住宅ローンの場合は少し違っており、個人の連帯保証人ではなく保証会社による保証が必要です。
例えば、住宅ローンの見積もりを取った時に出てくる「保証料」は信用保証会社による保証を表しています。
多くの場合諸費用の中に含まれており、しかもその大半を占めていると言われるほど費用がかかる項目です。


なぜ会社による保証を求められるのかというと、住宅ローンは総額が大きいため返済期間も長くなります。
するともし個人の借主が返済できなくなった場合に個人の連帯保証人では貸し倒れが起きやすいからです。


また、保証料をなくそうと信用保証会社不要の住宅ローンを選ぼうとすると、確かに費用は抑えられますが金融機関の審査に通りにくい場合があるため、信用保証会社の存在は大きいといえます。
ちなみに土地持ち主や建物の費用負担の仕方によっては保証会社に加えて連帯保証人や担保を求められることもあることを知っておきましょう。


当サイトでは信用保証会社の役割などについて簡単な言葉で解説しております。
住宅ローンに興味を持ち始めた方、これから住宅を持とうとお考えの方に参考にして頂ければ幸いです。

Copyright © 2014 住宅ローンの保証って? All Rights Reserved.